税理士VS司法書士

 その他  税理士VS司法書士 はコメントを受け付けていません。
6月 092019
 

和仁達也さんという経営コンサルタントの方が、税理士や司法書士に対してアドバイスを書いているサイトを見つけました。
和仁さんの塾生の話によると、ある司法書士が顧問先の社長から解雇を申し渡されたと相談があったそうなんです。
社長は、カフェレストランを経営していて、売り上げが伸びないことで税理士に相談すると、司法書士を解雇することやこまめに電気を消すことで電気代の節約をすれば経費削減につながると言われたそうです。
そのことを司法書士に告げると、司法書士は「売り上げが伸びないお昼の2時~4時にケーキバイキングをしたらどうか?」と収益を上げる対策を提示したそうです。
すると社長は、司法書士の解雇を撤回し、逆に“削る”というアドバイスしかしなかった税理士の顧問料を減額したということです。
削減も大事なことですが、それだけでは収益にはつながりませんから、やはり長期的な資金繰りをアドバイスした司法書士に軍配が上がったということです。
和仁さんはコンサルタントや仕業に対して養成塾や合宿などをおこなっており、クライアントに利益を上げるコツをアドバイスできる“コンサル・スキル”を伝授しているそうです。

 Posted by at 10:17 AM